独裁者 (1940) : The Great Dictator

チャップリンが、当時のドイツ国の指導者で、オーストリア併合やポーランド侵攻、ユダヤ人虐待などを行ったアドルフ・ヒトラーの独裁政治を批判した作品で、近隣諸国に対する軍事侵略を進めるヒトラーとファシズムに対して非常に大胆に非難と風刺をしつつ、ヨーロッパにおけるユダヤ人の苦況をコミカルながらも生々しく描いている。

またこの作品は、チャップリン映画初の完全トーキー作品として有名であり、さらにチャップリンの作品の中で最も商業的に成功した作品として映画史に記録されている。

アカデミー賞では作品賞、主演男優賞、助演男優賞(ジャック・オーキー)脚本賞、作曲賞(メレディス・ウィルソン)にノミネートされ、ニューヨーク映画批評家協会賞では主演男優賞を受賞した。また、1997年にアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

独裁者 (1940) : The Great Dictatorのあらすじ

ユダヤ人迫害を推し進める独裁者ヒンケルの重臣シュルツは彼を失脚させようとするが、逆に命を狙われ、ユダヤ人の床屋チャーリーらと逃亡。ところがその途中で兵士たちがチャーリーをヒンケルと間違えたことから、彼はヒンケルになりすますことに。

  • コメント: 0

関連記事

  1. モダン・タイムス(1936) : Modern Times

  2. 黄金狂時代 (1925) : The Gold Rush

  3. サーカス (1928) : The Circus

  4. 殺人狂時代 (1947) : Monsieur Verdoux

  5. 巴里の女性 (1923) : A Woman of Paris

  6. 街の灯 (1931) : City Lights

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。