キッド (1921) : The Kid

オープニングで「笑いと たぶん涙の物語」と語っている通り、映画史上初めて喜劇と悲劇の融合が効果的に取り入れられた長編喜劇映画。1921年に公開されたサイレント映画。監督・脚本・主演チャーリー・チャップリン、助演ジャッキー・クーガン。

キッド (1921) : The Kidのあらすじ

慈善病院を出たある婦人は、車の中に自分が産んだ赤ん坊を置き去りにする。一方、放浪者はその車の持ち主が途中で捨てていった赤ん坊を見つけて可愛そうに思うあまり、育てようか悩んだ挙句、通りがかった警官や乳母車を担いだ余所の婦人ににらまれた末、赤ん坊のそばにあった婦人の置手紙を見たことにより、自分の家でその赤ん坊を育てることにした。

五年後、育ったキッドとともに、放浪者はキッドにいたずらでガラスを割らせる一方でガラスの修理を行い、被害者から修理代をいただき、生計を立てていた。キッドはいたずらで石を投げようとするところを警官に見つかり、石を放り出して逃げていった。その後慈善活動として子供と親しむようになっていた婦人は偶然成長したキッドと再会し、キッドは婦人からおもちゃをもらう。ある時、キッドは街のいじめっ子に出会い、けんかになるところを放浪者は見かねてキッドを助けに行こうとするが、いじめっ子の兄がやってきたため、決闘沙汰になる。結局兄は引き下がったが、婦人が熱を出したキッドを担いで放浪者の元に駆け込む。呼ばれた医師が見つけた「この子をよろしくお願いします」という婦人の手紙により、キッドが孤児であると発覚すると、孤児院の職員がキッドを孤児院に連れていこうとするが、放浪者はキッドと組んでこれを拒む。

宿屋で放浪者と泊まったキッドを見た宿主は婦人が新聞に懸賞金付きで投稿したキッドを探し出す旨の記事を見つけ、眠っていたキッドを連れ出した。キッドがいなくなったことに気づいた放浪者は必死でキッドを探し出そうとするが、婦人が訪れた警察署で匿われたキッドを保護する一方、放浪者はキッドを探し疲れて眠りにつき、天使や悪魔、そしてキッドが現れる夢を見た。そして警官に起こされて婦人の邸宅に連れていかれ、キッドとの再会を果たした。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 担へ銃 (1918) : Shoulder Arms

  2. 給料日 (1922) : Pay Day

  3. 公債 (1918) : The Bond

  4. サニーサイド (1919) : Sunnyside

  5. 一日の行楽 (1919) : A Day’s Pleasure

  6. 犬の生活 (1918) : A Dog’s Life

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。