偽牧師 (1923) : The Pilgrim

1923年公開のサイレント映画。 脚本、監督、主演はチャーリー・チャップリン。彼のファースト・ナショナル社における8作目の映画。

本作は、エドナ・パーヴァイアンスとチャップリンが共演した最後の作品となった。また、チャップリンのファースト・ナショナル社における最後の作品でもある。

偽牧師 (1923) : The Pilgrimのあらすじ

チャップリン演じる脱獄囚は、囚人服を脱ぎ捨てて牧師の服を盗み逃亡を続ける。彼はある小さな町にたどり着くが、そこで新たに着任した町の教会の牧師と間違えられてしまう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. サニーサイド (1919) : Sunnyside

  2. 担へ銃 (1918) : Shoulder Arms

  3. 犬の生活 (1918) : A Dog’s Life

  4. 給料日 (1922) : Pay Day

  5. のらくら (1921) : The Idle Class

  6. 公債 (1918) : The Bond

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。