給料日 (1922) : Pay Day

1922年公開の短編サイレント映画。脚本、監督、主演はチャーリー・チャップリン。彼のファースト・ナショナル社における7作目の映画で、最後の短編(2巻物)に当たる。

給料日 (1922) : Pay Dayのあらすじ

建築現場で働くチャーリー。同僚と夜更けまで呑み明かし、財布のヒモを握る恐妻のもとへと帰宅するまでの他愛のないストーリーではあるが、プチブル生活の悲哀と、現代にも通ずるところの多いギャグ満載である。共演は、キーストン時代からの仲間、マック・スウェインにフィリス・アレン。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 担へ銃 (1918) : Shoulder Arms

  2. のらくら (1921) : The Idle Class

  3. 一日の行楽 (1919) : A Day’s Pleasure

  4. 犬の生活 (1918) : A Dog’s Life

  5. 公債 (1918) : The Bond

  6. 偽牧師 (1923) : The Pilgrim

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。