一日の行楽 (1919) : A Day’s Pleasure

内容は、チャップリンと妻、そして子供たちが行楽に出掛け、いろいろなことがうまくいかない様子を描いたもの。チャーリー・チャップリンのファースト・ナショナル社における4作目の映画。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 給料日 (1922) : Pay Day

  2. 偽牧師 (1923) : The Pilgrim

  3. キッド (1921) : The Kid

  4. サニーサイド (1919) : Sunnyside

  5. 犬の生活 (1918) : A Dog’s Life

  6. 公債 (1918) : The Bond

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。