ファースト・ナショナル

ファースト・ナショナル時代のチャップリン映画

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • ファースト・ナショナル

    偽牧師 (1923) : The Pilgrim

    1923年公開のサイレント映画。 脚本、監督、主演はチャーリー・チャップリン。彼のファースト・ナショナル社における8作目の…

    • ファースト・ナショナル

    公債 (1918) : The Bond

    第一次世界大戦中にアメリカ政府が発行した戦時公債の一種、「自由公債」の購入を促進するため、1918年にチャップリンが自費…

    • ファースト・ナショナル

    給料日 (1922) : Pay Day

    1922年公開の短編サイレント映画。脚本、監督、主演はチャーリー・チャップリン。彼のファースト・ナショナル社における7作目…

    • ファースト・ナショナル

    キッド (1921) : The Kid

    オープニングで「笑いと たぶん涙の物語」と語っている通り、映画史上初めて喜劇と悲劇の融合が効果的に取り入れられた長編喜…

    • ファースト・ナショナル

    犬の生活 (1918) : A Dog’s Life

    1918年公開のサイレント映画。ファースト・ナショナルによる製作で、主演・脚本・製作および監督はチャールズ・チャップリン…

    • ファースト・ナショナル

    サニーサイド (1919) : Sunnyside

    1919年公開の短編サイレント映画。ファースト・ナショナルによる製作で、主演・脚本・製作および監督はチャールズ・チャップ…

    • ファースト・ナショナル

    担へ銃 (1918) : Shoulder Arms

    戦争映画ではあるが戦死者は一人も出てこず、また巧みに自身の反戦思想を取り入れている「チャップリンの流儀による戦争映画…

    • ファースト・ナショナル

    のらくら (1921) : The Idle Class

    1921年公開の短編サイレント映画。 脚本、監督、主演はチャーリー・チャップリン。彼のファースト・ナショナル社(First Natio…

    • ファースト・ナショナル

    一日の行楽 (1919) : A Day’s Pleasure

    内容は、チャップリンと妻、そして子供たちが行楽に出掛け、いろいろなことがうまくいかない様子を描いたもの。チャーリー・…